レッスンの流れ

Section A はじめの挨拶 2min Section B イメージde英単語とジェスチャーde発音 9 mins Section C シーン(フレーズ)9mins Section D カラオケde英会話 3mins Section E おわりの挨拶 2mins
何をする 元気にレッスンを始めるために、楽しく明るくはじめの挨拶し、今日何があったか等を聞く。慣れるまで日本語でも良い。 カードとそれにあったジェスチャーを表示し、指でなぞりながら発音し、生徒に同じように真似させる。 今日のフレーズを紹介し、シーンを見ながら、そのフレーズを使い質問応答形式のシミレーションをする。また、ズーム機能を使い話している内容を視覚からも分かりやすくすること。 カラオケの歌詞(フレーズ)を紹介し、音楽を流し、ジェスチャーを使いながら歌わせる。 今日新しく学んだことや、宿題を確認し、おわりの挨拶をする。今日上手にできたことなどを、再度褒める。
気をつけること 生徒が画面に映るように座っているか確認。音声やインターネットに異常がないか確認する 生徒がイントネーションと合った指の動きをしながら単語を言うように誘導する。一度にたくさんの新しい単語を紹介しないこと。発音をリピートさせ、必要に応じ、ゆっくり口の動きも真似させる。 単語を変えても同じフレーズを使えるか確認。フレーズで答えられるようになったら、今度は先生に質問してもらう練習をする。 最初は音楽をかけずに、ゆっくりと歌詞(フレーズ)をメロディーに乗せ紹介する。その後、音楽をかけて歌う。身振り手振り、単語のジェスチャーなどを織り交ぜる。 何か質問がないか聞く。生徒が褒められた嬉しい気持ちでレッスンを終えられるようにする。宿題となる、カラオケの音源のダウンロードの仕方を、生徒(親)が分かっているかどうか確認する。レッスン3の場合は録音された音源を聴くように伝える。
ねらい リラックスし、子供の注意をこちらに向けるようにするため。これから楽しいレッスンが始まると感じさせるため。 単語の音の流れと、指の動きを合わせ発音することにより、単語のイントネーションを体感してもらうため。 自分の意見を英フレーズを使い伝えること。英語でコミュニケーションできると実感してもらうため。簡単なバリエーションに対応できるようになるため。 メロディーに合わせた英語らしいイントネーションや流れに慣れるため。 また次回のレッスンが楽しみだと思ってもらうため。宿題の確認のため。
使用するフレーズ How are you?
Nice to see you.
How is the weather today?
What did you do today?
Did you have fun today?
Are you ready? Copy me!
Repeat after me!
Good job! Great!
Fantastic! Excellent!
One more time!
Great job!
Let's do it again!
One more time!
Excellent!
Fantastic!
I don’t know.
Hint please.
In English, please.
Let's sing together!
Sing after me!
Are you ready?
Let's go! Yeah!
Let’s dance!
Copy me!
Great job today! See you!
See you soon!
Your homework is ---.
See you next week! Bye!