レッスンマニュアル


A. レッスンを行うための技術的なアドバイス

1) 必ずChromeを使用し、カメラとマイクのアクセスを許可してください。

音声とビデオの設定の仕方はこちらから: 音声とビデオの設定

2) ネット状況を必ず確認し、レッスン中はスカイプやLINEなど他の通信アプリは同パソコン上使用しないでください。また、他の端末からでも同じネット環境を使用する場合は、アップロードやダウンロードをレッスン中はお控えください。

ネット状況の確認の仕方はこちらから: インターネット接続

3) カラオケの音源が生徒さん側にずれて聴こえたり、声が二重になることがあるので、必ずヘッドフォンを使用しレッスンを行ってください。

4) 部屋は必ず明るく自身の顔に光が均等に当たった状態にし、顔に影がないようにしてください。先生用画面の丸いウィンドウの真ん中に自身が映るように着席してください。

5) 先生のバックグラウンドは無地の壁かカーテン等にしてください。物などがあると生徒の気が散る原因になります。

6) 小物などレッスン中に使えそうなものはご自由にご使用ください。使用する場合はレッスン画面から自身が消えず手の届く範囲にそれらを事前に準備しておいてください。(ぬいぐるみ、折り紙、文房具など)

7) レッスン中にインターネットの乱れにより映像や音声が止まってしまった場合、また、カードやシーンの画像が見えない等の問題が発生した場合には、レッスン画面左上の青い再接続ボタンをクリックし改善を試みてください。それでもレッスン持続不可能なようでしたら、運営事務局に至急チャットにてご連絡ください。

8) レッスン時間25分を過ぎると、『レッスンが終わりました』というウィンドウが表示されます。こちらが表示されてから5分以内ににレッスンを終了しない場合には画面は自動的に強制終了となりますので、それ以前に最後のご挨拶を済ますようにしてください。

9) 緊急時用の連絡先のラインかスカイプを運営事務局に事前にお伝えください。



B. 各セクションごとのレッスンの進め方

Section A はじめの挨拶(チャットモード)


レッスンがつながった瞬間から "Hello!" と明るく英語で挨拶をしてください。レッスン中は敬語を使わず、話しやすいお姉さんお兄さん先生であることを意識してください。また挨拶の後はスモールトークをし、生徒の今日の様子を伺ってください。前回からの宿題もこちらで確認しましょう。

*レッスンの前に、前回のレッスン記録を必ずご確認ください。レッスン記録はレッスン開始を待っているカウントダウンのページからも画面上右生徒情報ボタンから確認可能です。

*前回からの宿題と注意事項は、レッスン画面上のウィンドウからも簡単に確認できます。(写真参照)



Section B イメージde英単語とジェスチャーde発音 (カードモード)


1、ジェスチャーde英単語

必ず発音ジェズチャーを使用し、その動きに合わせて単語をゆっくり発音してください。

生徒にも同じように発音ジェスチャーを使いながらリピートさせ、手の動きからも単語の発音・抑揚を理解できているかどうかを確認してください。


2、イメージde英単語

カードの名称を日本語とペアにして教えない、直接カードの絵と英単語を結びつけて覚える方法で単語を教えてください。

例)たとえば、「apple」 を教えるときには、カードで 「apple」 の絵を見せながら発音ジェスチャーと共に発音します。まずは先生の後に続け、発音ジェスチャーを真似しながら発音させます。 その際に先生は「appleはりんごだよ」と日本語を添えないでください。 「apple」が言えるようならば、"It’s an apple." と文章で言う練習を始めましょう。日本語を添えて教えてしまうと、一度日本語に訳してから英文にするという日本人独特の英会話の癖がついてしまいますので、必ず気をつけてください。

参照: ”イメージde英単語”ーGoogle Imageを活用しよう!

*1つエピソードはレッスン1・レッスン2・レッスン3と3段階を踏んで行うようになっておりますので、レッスン1にて全てのカードを紹介せず、生徒のレベルに合わせ一回のレッスンで新しいカードが7~8枚程度になるように調節してください。
*お助けジェスチャーを使用し、英語のみの会話で単語の練習をするようにしてください。
お助けジェスチャーの詳細はレッスンのアドバイスTip2にてご確認ください。



Section C フレーズタイム(シーンモード)


このエピソードで学ぶべきフレーズを簡単なものから使用してください。たくさんのフレーズを覚えさせるのではなく、何度も同じフレーズを違う単語で使用する練習をしてください。また、そのフレーズの質問に答えられるようなら、質問をする側のフレーズ練習も行なってください。



Section D カラオケde英会話 (カラオケモード)


カラオケは一度に全曲を歌わせるのではなく、一番が歌えるようでしたら二番にといったように、生徒のレベルに合わせて少しづつ進めてください。歌詞になっているフレーズを歌うのが難しいようならば、一度音源を流して歌ったあと、音源なしでフレーズをゆっくり歌う練習など、生徒のレベルに合わせて行なってください。早口言葉があるときは、他の部分ができている時に楽しんで行ってください。

参照:
エイゴポップの『カラオケde英会話』の理由
なぜ『カラオケde英会話』を歌うの?



Section E おわりの挨拶(チャットモード)


本日の宿題を出し、最後まで集中できたことを褒めて明るくレッスンを終えてください。レッスンを終える直前の挨拶は "See you! Have a good day." など英語で行ってください。生徒側の都合により時間より早くレッスンを終える場合は、画面上左上ラッパのマークをクリックすると終了確認のウィンドウが表示されます。



C. レッスンの流れ

レッスンの流れ

Section A はじめの挨拶 2min Section B イメージde英単語とジェスチャーde発音 9 mins Section C シーン(フレーズ)9mins Section D カラオケde英会話 3mins Section E おわりの挨拶 2mins
何をする 元気にレッスンを始めるために、明るくはじめの挨拶し、今日何があったか等を聞く。慣れるまで日本語でも良い。前回からの宿題を確認する。 カードとそれにあったジェスチャーを表示し、指でなぞりながら発音し、生徒に同じように真似させる。日本語で単語の意味を伝えずに絵を見ながらカードの英単語をリピートさせる。 今日のフレーズを紹介し、シーンを見ながら、そのフレーズを使い質問応答形式のシミレーションをする。また、ズーム機能を使い話している内容を視覚からも分かりやすくすること。 カラオケの歌詞(フレーズ)を紹介し、音楽を流し、ジェスチャーを使いながら歌わせる。 今日新しく学んだことや、宿題を確認し、おわりの挨拶をする。今日上手にできたことなどを、再度褒める。
気をつけること 生徒が画面に映るように座っているか確認。音声やインターネットに異常がないか確認する 生徒がイントネーションと合った指の動きをしながら単語を言うように誘導する。一度にたくさんの新しい単語を紹介しないこと。発音をリピートさせ、必要に応じ、ゆっくり口の動きも真似させる。日本語で単語の名前を言わないこと。 単語を変えても同じフレーズを使えるか確認。フレーズで答えられるようになったら、今度は先生に質問してもらう練習をする。 音楽と一緒に歌うのが難しい場合は、ゆっくりとアカペラで歌詞(フレーズ)をメロディーに乗せ紹介する。身振り手振り、単語のジェスチャーなどを織り交ぜる。リズムがとれるようなら一緒に動きながら歌う。 何か質問がないか聞く。生徒が褒められた嬉しい気持ちでレッスンを終えられるようにする。宿題の確認をし、カラオケの歌も歌ってくるように伝える。
ねらい リラックスし、子供の注意をこちらに向けるようにするため。これから楽しいレッスンが始まると感じさせるため。 単語に指の動きを合わせ発音することにより、単語のイントネーションを体感してもらうため。日本語で意味を考えずにカードの絵と英語を直接結びつけるため。 自分の意見を英フレーズを使い伝えること。英語でコミュニケーションできると実感してもらうため。簡単なバリエーションに対応できるようになるため。 カラオケのメロディーは全てアメリカ英語のイントネーションに合わせて作ってあるので、歌うことにより英語らしいイントネーションやフレーズの流れに慣れるため。 また次回のレッスンが楽しみだと思ってもらうため。宿題の確認のため。
使用するフレーズ How are you?
Nice to see you.
How is the weather today?
What did you do today?
Let me check your homework.
Are you ready? Copy me!
Repeat after me!
Good job! Great!
Fantastic! Excellent!
One more time!
Great job!
Let's do it again!
One more time!
Excellent!
Fantastic!
I don’t know.
Hint please.
In English, please.
Let's sing together!
Sing after me!
Are you ready?
Let's go! Yeah!
Let’s dance!
Repeat after me!
Great job today! See you!
See you soon!
Your homework is ---.
See you next week! Bye!